takubloの日記

ディズニー・パークス・ブログの内容をメインにした海外ディズニー&クルーズファンのブログ。

2022年初開催の新マラソンイベントのメダルが公開

f:id:takublo:20211019102454j:plain

3月31日からスタートする「ランディズニー・スプリングタイム・サプライズ・ウィークエンド」の完走メダルが公開されました。

ランディズニーのマラソンイベントで今回初開催となる「ランディズニー・スプリングタイム・サプライズ・ウィークエンド:セレブレート・イェスタモロー」まであと2ヶ月ほど。このイベントはウォルト・ディズニー・ワールドで毎年テーマを変えて開催を予定しており、今までで人気が高かったランディズニーのイベントに新しいテイストを加えて他にはない体験を味わせてくれます。今年2022年はウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート50周年イベント「世界で一番マジカルなセレブレーション」期間中もあり、4日間にわたり行われるレースでは過去のランディズニーでの思い出が蘇る要素もありながらも新しい要素を加えたイベントに。

f:id:takublo:20210705213136j:plain
ランディズニー
スプリングタイム・サプライズ
ウィークエンド
セレブレート・イェスタモロー
  • 開  催:2022年3月31日~4月3日
  • 一般受付:2021年12月9日
    (バーチャル:2021年12月14日)
レース&イベント内容
  • エクスペディション・エベレスト5K(5km)
  • レース・フォー・ザ・テイスト10K(10km)
  • トワイライト・ゾーンタワー・オブ・テラー10マイラー(16km)
  • ランディズニー・スプリングタイム・サプライズ・チャレンジ(合計31km)
  • ランディズニー・スプリングタイム・サプライズ・サンライズヨガ
  • バーチャルレース(5km, 10km, 16km, チャレンジ31km)

2022年が初開催となるイベントで、他のイベントとは異なるテーマや距離でレースを展開。WDW50周年中の2022年は「セレブレート・イェスタモロー」をテーマに、過去に開催されたレースを再現しつつ新しい要素を加えて。

全4つのメダル

エクスペディション・エベレスト5K
f:id:takublo:20210906103124j:plain

ディズニー・アニマルキングダムで22時にスタートする夜間の比較的距離の短いレースで、アトラクションをテーマに走りつつも謎解きをしながら進んで行きます。メダルはどんな探検家にもぴったりなコンパスをイメージ。

レース・フォー・ザ・テイスト10k
f:id:takublo:20210906103124j:plain

“テイスト”をテーマにウォルト・ディズニー・ワールドの様々なところを駆け抜ける10kmマラソン。『レミーのおいしいレストラン』とエプコットをモチーフにしたメダルが用意されました。

トワイライト・ゾーンタワー・オブ・テラー10マイラー
f:id:takublo:20210906103124j:plain

珍しい10マイル(16km)のマラソンは、早朝に開く異次元への扉に脚を踏み込むレースに?ベルボーイのグーフィーとバックにはテーマの「トワイライト・ゾーンタワー・オブ・テラー」がメダルに。

ランディズニー・スプリングタイム・サプライズ・チャレンジ
f:id:takublo:20210906103124j:plain

上の3レースに全て参加する“チャレンジ”を完走すると、それぞれのレースのメダルにプラスして、チャレンジメダルが受け取れます。走るミッキーの足にはチャレンジの合計距離19.3マイル(31km)が刻まれています。

以上メダルを紹介しましたが、5K、10K、チャレンジは残念ながら既に定員に達して募集終了です。2022年1月25日現在でまだ受付されているのは「トワイライト・ゾーンタワー・オブ・テラー10マイラー」のみで、レースとは別途イベント内で開催されるシンデレラ城前で朝日を浴びながらヨガをする「ランディズニー・スプリングタイム・サプライズ・サンライズヨガ」も受付中。また、ウォルト・ディズニー・ワールドに訪れることなく自分で決めたコースを走ることができるバーチャルレース(アメリカ国内対象)もチャレンジを含む4種類が用意され、それぞれのレースと同様のメダルを受け取ることができます。

6年間WDWマラソン全レースに出場する車いす選手

f:id:takublo:20220124104458j:plain

今月頭に行われたランディズニーのマラソンイベント「2022ウォルト・ディズニー・ワールド・マラソンウィークエンド」に、パラリンピックに3度の出場経験がある選手が参加しました。Brian Siemann選手は2016年から毎年連続で4日間に渡りフルマラソンを含む合計78.2kmの距離を走るドーピーチャレンジの全4レースに出場しています。

Siemann選手は、2012年、2016年、2020年に開催されたパラリンピックアメリカの陸上競技チームの一人として参加した経歴の持ち主で、2014年に参加した初のランディズニーのマラソンイベントでパークがコースになっているだけでなく沿道でキャラクターたちが応援してくれることを知り、魅力に取りつかれました。2022年の参加では、実際のコースを走れる環境で多くの人と再び接することができ、“地球上で最もマジカルな場所”を走りぬいたことは幸先のよい新年のスタートに繋がったと感じたそうです。

f:id:takublo:20220124104458j:plain

Siemann選手はドーピーチャレンジのプッシュリム(車いすを利用した走者)部門で直近6年間で優勝し続けてきました。最初に参加した2016年のドーピーチャレンジではSiemann選手にとって1つ1つのレースを完走することがだけがゴールでしたが、全てのレースで優勝した時はもっと特別な感情が生まれたそうで、どんなに朝早く始まるレースでも今までの経験で味わった楽しさを考えるとこの先も参加し続けたいと語っています。6年間の参加からくるランディズニーの魅力は全てのディズニーパークを走ることで、特にメインストリートUSAを走り抜けることが他にはない特別感を得られるそうです。そして一番の楽しみはレース終了直後にエプコットにやってきてはランナーたちを応援することらしく、最後のランナーがやってくるまで応援を続けるほどランナーを励ますことが好きで、引退しても応援のために駆けつけたいとのこと。

f:id:takublo:20220124104458j:plain

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーで旧正月イベントがスタート

f:id:takublo:20220122115943j:plain

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーで1月21日より旧正月を祝うイベントがスタートしました。

2022年2月13日まで開催される「ルナー・ニューイヤー」は中国、ベトナムそして韓国の文化にディズニーマジックを織り交ぜたイベントで、アジア風の食事や飲み物、鮮やかなデコレーション、特別アイテムやエンターテインメントが用意されています。

f:id:takublo:20220122120736j:plain
ルナー・ニューイヤー
The Lunar New Year

2022年1月21日~2月13日

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク

「ムーランのルナー・ニューイヤー・プロセッション」では、ムーランとムーシューを乗せた豪華なフロートと共に、中国伝統の太鼓の力強いリズムやダンスなどの表現で中国の華やかなお祝いを体験。フロートは、お祝いで使用される爆竹や日没の公演では綺麗に光るランタンなどで幸運を象徴する赤と金を基調にデコレーションされています。

パラダイス・ガーデン・バンドスタンドでは、中国、韓国、ベトナムの伝統舞踊と楽器の音色が楽しめるライブパフォーマンスが毎日行われます。サンフランシスコを拠点に活動する音楽グループ「メロディー・オブ・チャイナ」による中国の伝統的な楽器と現代の楽器が融合した演奏を聴くことができます。

パラダイス・ガーデン・ガゼボにはキャラクターたちが登場。ティガー、ムーラン、ムーシュー、ミッキー、ミニー、三匹の子ぶたがイベントにあった装いでやってきます。

f:id:takublo:20220122122512j:plain

映画『ラーヤと龍の王国』より主人公のラーヤがディズニーパークに初登場。ルナー・ニューイヤーのお祝いにレッドウッド・クリーク・チャレンジに駆けつけました。

f:id:takublo:20220122122512j:plain

ディズニーっぽさを加えたアジア料理がフードスタンドで提供される「ルナー・ニューイヤー・マーケットプレイス」では、6つのクーポンがセットになった“シップ・アンド・セイバー・パス”の購入で様々なラインナップから選りすぐりのイベント限定フードを満喫することができます。

f:id:takublo:20220122122512j:plain

幸運を象徴する赤と金を基調にしたルナー・ニューイヤーの装飾も楽しめます。

f:id:takublo:20220122122512j:plain

「ラッキー・ウィッシュ・ウォール」で短冊に願いを込めて飾ったり、ドラゴンの玉への色付けや習字など無料で参加できるアートや工作のワークショップを楽しめます。

f:id:takublo:20220122122512j:plain

ミッキーマウスのぬいぐるみ、スピリットジャージ、Tシャツやタンブラーなどイベントの特別アイテムも在庫がある限り販売。

その他、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートで楽しめる
ルナー・ニューイヤー

f:id:takublo:20220122181105j:plain

ディズニーランド・ホテルのダイニング「グーフィーズ・キッチン」では、ビュッフェのラインナップにスパイシーチキンやポークパオなどが追加されました。

また、ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパのロビーではカートにてスイーツを販売。ミッキー型のタイガーストライプのシュガークッキーやランタンがデザインされたウーピーパイ、スティック状のプレッツエル数種類は見た目にも鮮やか。

f:id:takublo:20220122181105j:plain

ダウンタウン・ディズニー・ディストリクトでは、世界のディズニーパークでアトラクションなど様々なものを世に生み出してきたディズニー・ライブエンターテインメント・アソシエート・アートディレクターのエリザベス・リサ・カンさん製作のルナー・ニューイヤーデザインの壁が設置されています。

f:id:takublo:20220122181105j:plain

同じくダウンタウン・ディズニー・ディストリクトにあるポップアップするグリーティングカードなど紙を使ったアイテムが揃うショップ「ラブポップ」では、桜の木が卓上に咲き誇るデザインや立体の赤いランタンが飛び出すデザインの2種類のグリーティングカードを販売。

アドベンチャー・バイ・ディズニーから2023年欧州リバークルーズが発表

f:id:takublo:20220121182938j:plain

ヨーロッパを代表する3本の川に沿って各国の文化に触れながら旅するアドベンチャー・バイ・ディズニーが贈るリバークルーズ・バケーションの2023年出航日が発表されました。

ディズニーのガイドで、訪れた地の人々や文化、伝統などに深く触れられるツアーを提供する「アドベンチャー・バイ・ディズニー」から、ライン川ドナウ川セーヌ川のそれぞれを航路とするリバークルーズの旅が再度2023年にも催行されることが決定し、詳しい日程などが発表されました。今回発表された2023年のリバークルーズは合計27回の出航が予定されており、プラスして、大人のみが参加可能なクルーズや季節にあった現地のお祝いを楽しむクルーズなど船内外の両方でテーマにあったアクティビティや特別なツアーが体験できるバケーションも用意されています。ディズニーの訓練を受けた知識豊富な“アドベンチャー・ガイド”の添乗のもと船旅を提供するのはヨーロッパや南アフリカなど様々な地域でリバークルーズを運営する会社“AmaWaterways”。通常の観光では味わえないほどに深くその国と繋がりを感じさせてくれるディズニーのツアーとAmaWaterwaysの豪華客船で、7泊8日の極上リバークルーズ・バケーションを。

f:id:takublo:20220121182938j:plain
ライン川クルーズ

スイス、フランス、ドイツ、オランダの4ヶ国から物語に出てきそうな6ヶ所の地域に訪問。旅の中では、シュヴァルツヴァルト(黒い森)の美しい緑の中でそりすべりやジップラインなどのオプションから選べるツアー、ドイツの屋内スキー場でのウィンタースポーツやライン渓谷中流上部沿いに佇む30城の古城の景色などを楽しむことができます。

秋にはビール醸造所やワイナリー、地元のパブなどを訪れながら、食を堪能する大人向けの「フード・アンド・ワイン」テーマのバケーションや、毎年約200万人の来場者を誇るフランスのストラスブールのクリスマスマーケットへ訪れるバケーションなども用意されています。

ドナウ川クルーズ

ドイツ、オーストリアスロバキアハンガリーの4つの国で、8ヶ所の地域に訪れます。中世の廃墟散策、木々の最上部を渡り歩くロープ橋からの絶景に息を吞む自然アクティビティ、ミラベル宮殿の庭園などの『サウンド・オブ・ミュージック聖地巡礼などが楽しめます。

また、大人だけが参加できるオクトーバーフェストをテーマにしたバケーションやドイツのパッサウでクリスマスマーケットでのショッピングが楽しめるバケーションも用意されています。

セーヌ川クルーズ
 

フランスに流れるセーヌ川を進みながら田舎の風景を楽しめるクルーズ。フランス北西部のノルマンディーにある歴史的な背景を持つオマハビーチ、印象派絵画の巨匠クロード・モネが過ごした家と庭園、エトルタの断崖の絶景へと訪れ、旅のスタート地でもある光の都パリへ戻ってきます。

また、様々なメディアを通して自然、科学、地理、歴史など幅広い分野の情報を伝える“ナショナル ジオグラフィック”の写真家を招いたワークショップを開催する写真撮影に焦点を当てた特別なクルーズバケーションも。

そしてセーヌ川クルーズでは、乗船前に楽しめるパリ観光2泊3日のバケーションをプラスすることもできます。“光の都”の絶景スポットやグルメツアー、地元の専門家によるルーヴル美術館のガイドツアーで、普段の旅行とは違ったパリを満喫することができます。

今回紹介した2023年のリバークルーズは、2022年1月28日より一般予約の受付が開始します。初回予約の特典として割引もあります。詳しくは→(Adventures by Disney公式サイトのリバークルーズページ/英語

2022年内にもトイ・ストーリーランドに新しいおもちゃが追加!?

f:id:takublo:20220121094733j:plain

ディズニー・ハリウッド・スタジオのトイ・ストーリーランドにショップ「ジェシーのトレーディング・ポスト」とダイニング「ラウンドアップ・ロデオBBQ」が2022年にもオープン!

映画『トイ・ストーリー』に登場するアンディのおもちゃたちの世界を、おもちゃのサイズになって様々な体験ができるテーマランド「トイ・ストーリーランド」に新しいショップとテーブルサービスのダイニングのオープンが発表されました。ショップ「ジェシーのトレーディング・ポスト」は今回初めて導入が発表されたショップで、「ラウンドアップ・ロデオBBQ」は以前から発表されていましたが今回の発表でようやくオープンの目安が知らされました。

屋根裏に片付けられていたおもちゃセット「ジェシーのトレーディング・ポスト」をアンディが発見すると、ショップとして組み立ててゲストに公開。このショップはアトラクション「トイス・トーリー・マニア!」体験後に気軽に立ち寄れ、ジェシーがピックアップしたクールなおもちゃや厳選されたお土産などのラインナップを見て回れる作りになっています。

f:id:takublo:20220121094733j:plain

ラウンドアップ・ロデオBBQ」は、2019年ディズニー・ハリウッド・スタジオが30周年を迎える直前に導入が発表されていましたが、今回の発表で今年中にもオープンすることがわかりました。おもちゃやゲームに囲まれるなか、バーベキュー料理を家族で楽しめる他にはないユニークな体験が待っているダイニングです。

アンディが箱を切って、貼って、繋げて新しいロデオアリーナを完成させると、お気に入りのおもちゃをかき集めてアリーナに設置。ロデオのアリーナだけあって西部の街並みや汽車の駅のプレイセットなどでウェスタンな雰囲気を出しながらも、子供らしい発想で形や色に捉われない様々なおもちゃが置かれて賑やかなアリーナに仕上がりました。ゲストはロデオパフォーマンスをするトイ・ストーリーのキャラクターたちに囲まれてながら食事を楽しむことができます。

WDWキャスト向け謎解きイベントのクイズを一部公開

f:id:takublo:20220119103646j:plain

ディズニー・アニマルキングダムの閉園後にキャストイベント「グーフィーのミステリーツアー」が開催されました。

ウォルト・ディズニー・ワールドでは、ここで働くキャストメンバーだけが参加できるイベントを様々なジャンルで開催しており、今回は50周年を迎えたウォルト・ディズニー・ワールドの過去を巡る謎解きゲームが行われました。

ディズニー・アニマルキングダムで行われた「グーフィーのミステリーツアー」では、アニメーション作品からテーマパークについてなどディズニーテーマのトリビアクイズが出題されました。参加者はグループを組んでダイノランドUSAを中心に手掛かりを探しては謎を解いていき、挑戦心と楽しさを搔き立て、更に知識も必要になるゲームです。また、キャストとしてゲストに伝えられる新しい知識を取り入れる場にもなります。

f:id:takublo:20220119103649j:plain

イベントでは、100問のトリビアクイズと12個のパズルなどが用意されました。出題されたクイズの一部が公開されました。

1. ディズニー・ボードウォーク・インにあるバーラウンジ「アブラカダバー」に飾られている失踪したマジシャンたちについて伝えている新聞の名前は?

  • The Jersey Shore Gazette
  • The Atlantic Courier
  • The BoardWalk Bugle

2. ミッキーマウスの甥っ子たちの名前は?

3. マーベル映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で、キャプテンが参加した国債活動ツアーのショー中で使用された歌『スタースパングルド・マン / Star Spangled Man』の作曲者は?

答え
  1. The BoardWalk Bugle
  2. Morty and Ferdie
    (モーティとフェルディー)
  3. ディズニー・レジェンド“アラン・メンケン

アニマルキングダムのシロサイが快挙!

f:id:takublo:20220118173237j:plain

ディズニー・アニマルキングダムの「キリマンジャロ・サファリ」に生後4ヶ月のサイがデビュー。

先日、1月13日にディズニー・アニマルキングダムの動物が棲むサバンナをサファリトラックで探検するアトラクション「キリマンジャロ・サファリ」のサイの群れに昨年2021年9月に生まれたシロサイ“マイロ”が加わりました。マイロは、アメリカ動物園水族館協会(AZA)のSpecies Survival Plan(種の保存計画)の活動の元生まれたサイで、ディズニー・アニマルキングダムでは2020年10月から数えて3頭の赤ちゃんが生まれています。

f:id:takublo:20220118173237j:plain

マイロは群れに加わり、既に群れで生活している1歳の異母兄“レンジャー”と仲良く遊ぶ姿を見せました。また、パークに訪れたゲストはアトラクションのサファリトラックから、泥に寝転ぶ姿など新しい環境下で過ごすマイロを観察することができます。担当者は、ゲストがサイとの出会いをきっかけにパークにとどまらず種の保存活動に繋がるような自然を大切にする心や興味を常に持ち続けてもらえるような効果を願っています。

f:id:takublo:20220118183209j:plain

また、マイロの群れへのデビューに加えて、シロサイに関するもう一つの発表がありました。昨年11月上旬にローラとデュガンの元に初めて産まれた元気な女の赤ちゃんの名前が“ローガン”に決まりました。ローガンは、ディズニーのアニマルチームがママのローラとパパのデュガンに敬意を表して、それぞれから取って組み合わせた名前です。ローガンは現在も引き続きママと一緒にバックステージで生活しており、数か月後にはキリマンジャロ・サファリのサバンナに暮らす群れに加わる予定です。

シロサイは準絶滅危惧に指定されていることから、ここ最近で3頭のサイが生まれたことはディズニーのアニマルケアチームとしては歴史的に重要な成功を収めたと言えます。この成功までの過程を他の協会と共有し、個体数の拡大に役立てるとのこと。