takubloの日記

ディズニー・パークス・ブログの内容をメインにした海外ディズニー&クルーズファンのブログ。

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートのモノレールが復活

f:id:takublo:20211016101807j:plain

10月15日、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートの「ディズニーランド・モノレール」が運行を再開しました。1959年のデビュー当初は、西半球で毎日運行する初のモノレールとなりました。人々を運ぶ機能だけでなく、ディズニーランドのトゥモローランドファンタジーランド、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーブエナ・ビスタ・ストリートといったエリアを中心にリゾート全体の眺望を高い位置から楽しむことができます。駅はダウンタウン・ディズニーとトゥモローランドの2ヶ所にあり、当日有効なパークチケットとテーマパーク予約があればダウンタウン・ディズニーから乗車し、トゥモローランドの駅から直接パークに入ることもできます。現在、乗車中はマスクの着用が必要となります。

f:id:takublo:20211016101807j:plain

ハリウッド・スタジオでディズニー・ウィッシュの展示が開始

f:id:takublo:20211015100711j:plain

2022年6月に処女航海を迎える新造船ディズニー・ウィッシュのギャラリーがディズニー・ハリウッド・スタジオにオープンしました。ウォルト・ディズニーの100年の歴史を学び、パークやアトラクションの模型やコンセプトアート見ることができる「ウォルト・ディズニー・プレゼンツ」にて、ディズニー・クルーズラインのスペースが設けられました。来年の出航に向けて造船が進むディズニー・ウィッシュのアートや写真など初めて公開されて作品も展示されています。

f:id:takublo:20211015100711j:plain

例えばこんな作品が展示されています...

シンデレラ像模型
船のグランドホールに飾られる像の実物大の模型
ディズニー・ウィッシュ模型
忠実に細部まで再現された1.6mほどの船の模型
ディズニー・アニメーションのレプリカ
ハリウッド黄金期の雰囲気が漂う船内のダイニングルーム「1923」に飾れる模型のレプリカ
ラプンツェルのコンセプト模型
船尾のラプンツェル像デザインのために用意された模型
f:id:takublo:20211015100711j:plain

ウォルト・ディズニー・プレゼンツでは、建設中アトラクションのライドのモデルやコンセプトアートなどを展示していることが多くいつも予告なく内容が更新されます。トイ・ストーリーランド、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ、ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイなどに続き、今回のディズニー・ウィッシュも展示期間の告知はなし。ここに行く機会があれば、見れるときにみておきましょう。

ディズニー・アニマルキングダムで楽しむWDW50周年

f:id:takublo:20211014111630j:plain

今年2021年10月1日にウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは50周年を迎え、アニバーサリーイベント「ワールドズ・モスト・マジカル・セレブレーション」がスタート。ディズニー・アニマルキングダムでもエンターテインメント、デコレーション、フードメニューやアイテムなど様々なお祝いが用意されています。この動物の王国に詰まった50周年の魔法をまとめてご紹介。

エンターテインメント

ディズニー・カイトテール
Disney KiteTails

50周年イベントスタートと同時に新しいお昼のショーが始まりました。ディスカバリー・リバー・シアターで一日に数公演開催され、様々な形ちや大きさのカイト(凧)で自然が生み出す魔法とディズニーの物語を表現したライブショー。ディズニー・キャラクターを形どった立体のカイトは大きいもので全長9mほどで、シンバ、ザズー、バルー、キング・ルーイなどが空高く舞い上がります。鮮やかで賑やかなパフォーマンス、オリジナル楽曲や『ライオン・キング』『ジャングルブック』の異国情緒感じるアレンジ楽曲が、家族みんなを楽しませてくれます。

f:id:takublo:20211014111630j:plain
f:id:takublo:20211014111630j:plain
ビーコン・オブ・マジック
Beacon of Magic

4つのパークのシンボルが夜に輝く50周年のエンターテインメント「ビーコン・オブ・マジック」は、ディズニー・アニマルキングダムでは“ツリー・オブ・ライフ”が今までにない輝きでアニバーサリーをお祝い。蛍が集まり始めると自然の魔法が解き放れ、幻想的な雰囲気に。

f:id:takublo:20211014111630j:plain
テーマソング『マジック・イズ・コーリング』
The anthem “The Magic Is Calling”

50周年のテーマソング『マジック・イズ・コーリング』はウォルト・ディズニー・ワールド全体の様々なライブエンターテインメントで演奏されます。ディズニー・アニマルキングダムでは、“ディスカバリー・アイランド・ドラマーズ”のライブパフォーマンスや、ディスカバリー・リバーを船に乗ってミッキーやミニーが挨拶にやってくる“イアリディセント・ミッキー&フレンズ・フロティラ”で聞くことができます。

デコレーション

イベントが続く18ヶ月間、煌びやかで魔法を感じる装飾がパークの至る所に施されます。

f:id:takublo:20211014111630j:plain
ディズニー・ファブ50キャラクター・コレクション
Disney Fab 50 Character Collection

4つのパークの様々な場所に全50キャラクターのゴールデン像が飾れる「ディズニー・ファブ50キャラクター・コレクション」は、ディズニー・アニマルキングダムではアニマルキャラクターが中心。全4台の像7キャラクターが飾れています。

f:id:takublo:20211014111630j:plain
f:id:takublo:20211014111630j:plain
f:id:takublo:20211014111630j:plain
f:id:takublo:20211014111630j:plain

フード

50周年にちなんだ限定フードを販売。ウォルト・ディズニーが好んだ料理、ディズニーキャラクターなどを基にディズニーのシェフやバーテンダーなどが開発した150種類以上のフードやドリンクメニューがウォルト・ディズニー・ワールド全体で楽しめます(詳しくはこちら)。ディズニー・アニマルキングダムでは以下のようなメニューが揃います。

ドリンクワラ
Drinkwallah
ハンドディップド50thセレブレーション・ミッキープレミアムバー / Hand-dipped 50th Celebration Mickey Premium Bar
クラシックなミッキーアイスバーにブルーラズベリーのコーティングが追加され50周年フードに。
f:id:takublo:20211014111630j:plain
レストランザウルス
Restaurantosaurus
チーズフライ・ウィズ・ウォルト・チリ / Cheese Fries with Walt’s Chili
サクサクのフレンチフライに、ウォルトが好んだチリとチェダーのソースをかけて。
ウォルト・フェイバリット・チリ・オン・フットロング・ホットドッグ / Walt’s Favorite Chili on Foot-long Hot Dog
長さ1フィート(約30cm)のホットドッグにもウォルトが好んだチリとチェダーのソースをかけて。
f:id:takublo:20211014111630j:plain
ティフィンズ
Tiffins
50thセレブレーション・チョコレートガトー / 50th Celebration Chocolate Gâteaux
チョコレートのお酒で作ったソースをかけたアーモンド プラリネと生チョコのケーキ。
f:id:takublo:20211014111630j:plain

マーチャンダイズ・コレクション

50周年の特別グッズはアイランド・マーカンタイルなどで販売されています。

f:id:takublo:20211014111630j:plain
f:id:takublo:20211014111630j:plain

カリフォルニア”ディズニー・ジュニア・ダンスパーティー”復活

f:id:takublo:20211014103547j:plain

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートで「ディズニー・ジュニア・ダンスパーティー!」が復活。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーのハリウッドランドで開催される特にキッズが楽しめるライブステージショーが10月15日より再度公演をスタート。今回の再開ではソーシャルディスタンスを保ち座った状態で最大限に楽しめるように調整されています。

フィン・フィエスタとDJディージェイをホストに繰り広げられる「ディズニー・ジュニア・ダンスパーティー!」は、ディズニー・ジュニアのヒットソングを一緒に歌ったり、踊ったりする15分ほどのショーで、ステージ背後にある巨大モニターがショーに合わせて連動するインタラクティブな感覚も楽しむことができます。ディズニー・ジュニアの人気シリーズ『ドックはおもちゃドクター』からドック、『ミッキーマウスロードレーサーズ』からミッキーとミニー、『バンピリーナとバンパイアかぞく』からバンピリーナが登場し、会場は大盛り上がり。

ディズニー・クルーズライン2023年始めたの航路を発表

f:id:takublo:20211013150301j:plain

ディズニー・クルーズラインが2023年年頭から数か月の航路を発表しました。フロリダ州からはポート・カナベラルとマイアミの2ヶ所から出航し、ディズニーのプライベートアイランド“キャスタウェイ・ケイ”への帰港も含むバハマカリブ海航路が用意されています。また、ディズニー・ワンダーは2022年10月中旬から予定が不明で、2023年4月からアメリカ西海岸沿いを南下するメキシカンクルーズの予定が組まれています。そして、ディズニー・マジックは、ガルベストンやニューオーリンズから出航する西カリブ海航路が。通年でバハマをメイン航路とするディズニー・ウィッシュは5月末までの日程が発表。例年通り、年始はディズニー全ての船がアメリカの港を拠点に暖かい地域への航路が中心となっています。船毎に今回発表された航路を見てみましょう。

船毎に見る2023年の新航路
ディズニー・マジック

テキサスやニューオーリンズから南国の楽園へ

2023年1月から2月に掛けて、テキサス州ガルベストン出航の4泊から7泊の種類豊富な日程で西カリブ海航路へ。イギリス領の島“グランドケイマン”、メキシコの島“コズメル”とメキシコ北西部にある“プログレソ”と、トロピカルな雰囲気を感じる寄港地。日本から直行便で最寄り空港へ行けるのも魅力。

その後2月から3月は出航地をニューオーリンズへと移し、4泊、5泊、6泊の日程で西カリブ海航路へ。寄港地はガルベストン出航と同様に“グランドケイマン”とメキシコの島“コズメル”。乗船前後に『プリンセスと魔法のキス』の舞台であるこの地を散策して、食事やジャズ、映画に出てくるような風景を楽しむのもあり。また、割りと内陸にあるニューオーリンズの港はミシシッピ川上にあり、川を下る風景からクルーズがスタートするのも面白い。

ディズニー・ワンダー

陽気なメキシコ海岸クルーズ

アメリカ西海岸沿いを南下するバハやメキシコ海岸航路を2022年10月中旬に終えてからそれ以降の予定が不明。2023年4月から再度バハとメキシコ海岸航路の予定が組まれました。カリフォルニア州サンディエゴを出航し、バハ・カリフォルニア半島に沿って3泊から7泊の日程で美しいビーチがあるメキシコの寄港地へ。

3泊の日程はターコイズブルーの海と力強い山に囲まれた海岸都市“エンセナダ”へ寄港。また4泊では自然の造形美を感じる岩や白い砂浜で知られる“カボ・サン・ルーカス”へ。更に5泊では“エンセナダ”と“カボ・サン・ルーカス”の両方に寄港。長めの7泊になるとバハ・カリフォルニア半島を越え、リゾートホテルが並ぶメキシコ海岸の都市“マサトラン”や“プエルト・バヤルタ”へ。

ディズニー・ドリーム

注目はキャスタウェイ・ケイ2回の航路

マイアミから4泊と5泊の日程でバハマ航路や西カリブ海航路へ。4泊バハマではナッソーとキャスタウェイ・ケイへ寄港。1度だけ予定されている5泊バハマではキャスタウェイ・ケイへ2回寄港します。5泊西カリブ海航路はメキシコ指折りの観光地と知られる島“コズメル”に寄港、またはケイマン諸島の首府で観光で盛んの“ジョージタウン”に寄港する2つのコースがあり、いずれもキャスタウェイ・ケイへも寄港。

ディズニー・ファンタジー

初のポートカナベラルからバミューダ

通年でフロリダ州ポート・カナベラルから7泊カリブ海航路へと旅立つディズニー・ファンタジーは、2023年もそのルートを続行。西廻いと東廻りの2つのコースが基本だが、今回は8泊でピンクの砂浜が見られる島“バミューダ”へ寄港する新コースが導入されました。全ての航路でディズニー・キャスタウェイ・ケイへの寄港あり。

ディズニー・ウィッシュ

ドリームに代わる初心者向けバハマ航路

2022年6月から初めてゲストを乗せて出航するディズニー5隻目の船ディズニー・ウィッシュは、通年でポート・カナベラルからバハマ航路へと出航します。3泊か4泊の日程で、ナッソーとディズニー・キャスタウェイ・ケイへと寄港。比較的短めのクルーズであることからも初めてのクルーズとしても人気で、港から車で1時間ほどのウォルト・ディズニー・ワールドとセットで旅行する人も多い。港の最寄りのオーランド空港へは日本から直行便がないのが難点。

2022年11月から2023年3月までぽっかり空いたディズニー・ワンダーの行方が気になるところですが、更に次に発表される航路ではハワイ航路が復活していることを期待したいところ。ディズニー・ファンタジーバミューダ含むバハマ航路や、ディズニー・ドリームのキャスタウェイ・ケイに2日間も寄港するバハマ航路が注目。そしてディズニー・ウィッシュは処女航海からひたすらバハマ航路で、新造船ながらも乗船するハードルは低めですね。

ミゲル役アンソニー・ゴンザレスさんがエプコットで歌を披露

f:id:takublo:20211013101414j:plain

ディズニー/ピクサー映画『リメンバー・ミー』で主人公“ミゲル”の声を担当したアンソニー・ゴンザレスさんがサプライズでエプコットに登場。メキシコ館名物のメキシカンミュージックバンド“マリアッチ・コブレ”の演奏をバックに、『ウン・ポコ・ロコ』『リメンバー・ミー』『音楽がぼくの家族』など映画で人気の高い曲を歌いました。

f:id:takublo:20211013102318j:plain

アンソニーさんは家族と一緒に訪れメキシコ館のメキシコ文化を伝える展示「リメンバー・ミー」、50周年のお祝いでゴールデン像が飾れる「ディズニー・ファブ50」のミゲル像、「ハーモニアス」や「ディズニー・エンチャントメント」などウォルト・ディズニー・ワールドで『リメンバー・ミー』が関連するエンターテイメントを見て回りました。下のYouTubeのDisney Parks公式アカウントでは、パークを回る様子やマリアッチ・コブレを伴奏に『音楽がぼくの家族』を披露する様子が公開されています。

リメンバー・ミー』が公開された2017年当時アンソニーさんは13歳(映画製作時はミゲルと同い年の12歳)でしたが現在は17歳。雰囲気も声も少年から青年に近づいた感じがしますね。今後の活躍も楽しみです!

米国対象WDW4泊5日の懸賞

f:id:takublo:20211012110059j:plain

現在、アメリカ在住者向けにウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートへの旅が当たる懸賞「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート50thアニバーサリー・スィープステーク」が実施中。「マイ・ディズニー・エクスペリエンス」などのログインに使うディズニー・アカウントを持っていれば誰でも応募ができる気軽さですが、アメリカに住んでいる18歳以上が応募対象です。私も含め、この記事を読んでくださる方々はほとんど対象外かと思いますが、懸賞の内容を見てみましょう。

f:id:takublo:20211012111543j:plain
ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート50thアニバーサリー・スィープステーク
Walt Disney World Resort 50th Celebration Sweepstakes
賞品
グランドプライズ:4名1組
4泊5日ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート・バケーション
  • ディズニー直営リゾート4泊
  • 5日間パークチケット(パークホッパー付き)
  • 往復航空券
  • $500相当のディズニー・ギフトカード
  • モリーメーカー
  • VIPツアーガイド1日分
  • ウェルカムバスケット
ファーストプライズ:2名
shopDisney.comで使える$500相当のクレジット
応募方法

専用ページからディズニー・アカウントにログインして必要事項を入力(英語サイト)。

応募期限

2021年10月24日午後11時59分

応募対象

応募時に18歳以上でアメリカ50州とワシントンD.C.に住んでる人
※1日につき1名1回の応募

その他の詳しいルール(英語サイト)

以上、応募できるのなら夢のような懸賞でした。グランドプライズの価値は日本円で120万円ほどになります。航空券、宿泊、チケットももちろん嬉しいですが、VIPツアーが付いてるのがなんといっても魅力。この懸賞では8時間のツアーが楽しめるようですが、アトラクションやレストランはほとんどの場合優先的に案内され、ショーは特別席が用意される場合も。また、500ドルのギフトカードがあればお土産もたくさん買えますね。2番手のファーストプライズに関しても、shopDisneyで500ドル分もお買い物できるなんて最高です。アメリカに住んでいたら期間中は毎日応募ですね。